トップページ
おきなわ市の水道
くらしと水道
業者申請書等
料金・届け出
水質・ダム情報
広報・統計・行事
よくある質問
キッズページ
リンク
地図・連絡先
お問合せ
サイト内検索
文字サイズ拡大について
〒904-2196
 沖縄県沖縄市美里
 5丁目28番1号


●水道料金・引っ越し
 の手続きなど
【料金課】937-3637

●屋外の水漏れ・修繕、
 水質検査など
【管理課】937-3691

●水道の新設・
 増設工事など
【工務課】937-5093

●統計、広報、
 企画など
【総務課】937-6211

本サイトをご覧いただくには「Flash」プラグインが必要です。お持ちでない場合は以下のサイトでダウンロードしてください。

flashプラグインボタン
PDF書類をご覧になれない場合は、以下のサイトで「Acrobat Reader」をダウンロードしてください。

Acrobat Readerボタン

水質・ダム情報タイトル





沖縄市の水質管理について

 沖縄市は、沖縄県企業局から浄水を購入し市内全域に供給しています。企業局が沖縄市に供給している浄水には、石川浄水場系統と北谷浄水場系統があり、各浄水場で水質管理をおこなっています。
 沖縄市水道局では、安心安全な水道をお届けするため、企業局の供給地点から市民の皆様へ届く範囲において毎日の水質検査等により管理を行っています。


☆お住まいの地域の浄水場系統を確認する → 配水系統図及び検査地点


水質検査について
 水質検査は、市内数ヶ所で採水し、その水が水道法で定められた基準に適合しているかどうかを検査しています。沖縄市水道局では、高度な技術、機械を要する検査は専門の検査機関に委託し、色・濁りや残留塩素などの毎日検査項目については営業日は職員にて、休日は委託にて行ってます。また市民の関心が高い硬度や、pH等も自主的に検査しています。

最新の検査結果はこちら(工事中)


↓↓ 過去の水質検査結果の統計 ↓↓

平成27年度


水道基準について

 水道の基準は、水道水の飲用により健康を害したりすることのないよう、水道法により定められています。水道水は、水質基準に適合するものでなければならず、水道事業体は水質の検査が義務付けられています。水質基準は、厚生労働省により最新の科学的知見に照らして検討・改正が行われており現在では51項目についての基準が定められています。
 また、水道水質管理上、留意すべき項目として水質管理目標設定項目(26項目)と、今後必要な情報、知見の収集に努めていく項目として要検討項目(47項目)が定められています。

水質基準項目(51項目)
 水質基準は、人の健康に関連する項目と水道水が有すべき性状に関連する項目に分けられています。健康に関連する項目(大腸 菌・トリハロメタンなど)は生涯にわたって連続的に摂取しても人の健康に影響が生じない基準が定められています。また性状に関連する項目(色・濁り・匂い など)は、生活利用上あるいは水道施設管理において障害が生ずる恐れのない基準が設定されています。

水質管理設定項目(26項目)
 水質管理目標設定項目とは、現在の水道水中では水質基準とする必要がある濃度では検出されていませんが、今後、将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期するために、水道水質管理上、留意すべき項目として設定されたものです。水質基準項目と重複した項目もありますが、より質の高い水道水をめざして基準値より厳しい目標値が設定されています。

要検討項目
 毒性評価が定まらない、または水道水中での検出実態が明らかでないなど、水質基準や水質管理目標設定項目に分類できなかったもので、今後、必要な情報・知見の収集に努めていく項目です。




 
Copyright (C) 2006, Okinawa City Waterworks Bureau. All Rights Reserved.