トップページ
おきなわ市の水道
くらしと水道
業者申請書等
料金・届け出
水質・ダム情報
広報・統計・行事
よくある質問
キッズページ
リンク
地図・連絡先
お問合せ
サイト内検索
文字サイズ拡大について
〒904-2196
 沖縄県沖縄市美里
 5丁目28番1号


●水道料金・引っ越し
 の手続きなど
【料金課】937-3637

●屋外の水漏れ・修繕、
 水質検査など
【管理課】937-3691

●水道の新設・
 増設工事など
【工務課】937-5093

●統計、広報、
 企画など
【総務課】937-6211

本サイトをご覧いただくには「Flash」プラグインが必要です。お持ちでない場合は以下のサイトでダウンロードしてください。

flashプラグインボタン
PDF書類をご覧になれない場合は、以下のサイトで「Acrobat Reader」をダウンロードしてください。

Acrobat Readerボタン
計画に基づく工事がスタートします!!

「沖縄市水道事業整備事業計画」

(管路耐震化計画・更新計画)

に基づく水道工事がスタートします!


 全国の水道事業では、高度経済成長期に急速に整備された水道施設の老朽化が進行し、大規模な更新時期を迎えております。
 本市においても、本土復帰以降に整備された水道管の経年化や老朽化により、今後大規模な更新事業を計画的に実施しなければなりません。更新については、事故や自然災害等に対し、強靭で持続可能なものでなくてはならず、それらも十分考慮した対策を講じなければなりません。


現状はどうなっているの?
 本市の送・配水管の総延長は約563km。そのうち基幹管路は約33kmです。基幹管路の耐震適合性がある管の割合は、18.14%。耐震管の割合は、10.24%と低い数値であることから、耐震化の推進が急務となっています。
※総延長、割合ともに、平成27年3月末時点の数値です。


今後の対応は?
 平成25年3月に「沖縄市水道施設整備計画(管路耐震化計画・更新計画)」を策定しました。
 今年度(平成27年度)より同整備計画に沿って、送・配水管の更新事業を計画的に実施し、将来にわたり安心安全な水道水の安定給水が滞ることがないよう、より強靭持続可能な水道事業を目指します!


どんなことをするの?
 事故や災害時に予想される漏水や被害の大きさなどを考慮し、優先すべき管路の耐震化や二重化を計画的に行います。特に重要拠点となる避難所(学校等)や基幹病院などに給水するための管路について重点的に工事を行い、早期完了を目指します!


使用する水道管は?
 口径40mm~150mmまでの水道管は、耐震性のある「水道配水用ポリエチレン管」を使用します!
口径200mm以上の水道管については、耐震管である「NS形ダクタイル鋳鉄管」・「GX形ダクタイル鋳鉄管」を使用します!



皆様のご理解ご協力よろしくお願いします!



































 
< 前へ   次へ >
Copyright (C) 2006, Okinawa City Waterworks Bureau. All Rights Reserved.